ハナイカリ(花錨)
  ハナイカリ(花錨)  
  ハナイカリ(花錨)  
 
 
ハナイカリ(花錨・花碇 -Halenia corniculata (Linn.) Cornaz-)
科 名:リンドウ科
属 名:ハナイカリ属
学 名:Halenia corniculata (Linn.) Cornaz

【特徴】
 山地帯〜亜高山帯の日当たりのよい高山や草地に生える1年草あるいは2年草で、高さ20〜60cm。
 直立して4稜あり、大きい個体は分枝します。
 殆ど無柄で対生し2〜6cm程の楕円形。先は尖りリンドウ科の植物らしく3脈あります。
 は直径1.5cm程で、葉腋から花柄が数本出て黄緑色の花を咲かせます。ガクは合弁花で深く4裂し、裂片の付け根はが長く伸びて距となりそこに蜜をためます。雄しべは4本、雌しべは1個

※葉腋(ようえき)_葉(葉柄)が茎と接している上側部分。葉の付け根でわき芽の多くが発生する。
※わき芽(わきが)_茎の先端以外の芽。葉の付け根の上側にできることが多い。腋芽(えきが)。→頂芽

名前の似ている「イカリソウ」はメギ科です。

【名前の由来】
 花の形が船の錨に似ているのでこの名があります。
 
※ページ作成者(内野志織)は植物の専門家ではありませんので、お気づきの点がございましたらメールにてお知らせ下さいませ。>>>MAIL
 
    高山植物-緑色の花-トップへ    
 

ホームへニュースページへコンタクトページへプロフィールページへ
日本写真家協会会員