シュロソウ(棕櫚草)
    シュロソウ(棕櫚草)    
    シュロソウ(棕櫚草)    
     
 
シュロソウ(棕櫚草 -Veratrum maackii var. japonicum-)
科 名:ユリ科(Liliaceae)
属 名:シュロソウ属(Veratrum)
学 名:Veratrum maackii var. japonicum
成 分:どくろ 毒草!!
 
【特徴】
 シュロソウは本州から北海道に分布し丘陵地〜山地の林内や草原に生育する多年草で草丈は50cm〜1m程。

 花(花被片)が黄緑色のアオヤギソウ(青柳草)に似ていますが、シュロソウの花被片は濃い赤褐色。
 また花の色が同じ赤褐色のタカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)はシュロソウの高山型。
 
は地中部に古い葉柄がシュロ皮のように残る
は幅1〜3cm,長さ6〜30cmの線状披針形で先はやや尖っており、下方に集まって付いています。縦にしわをもち、葉の基部は鞘状に茎をかこみます。
は花茎の上部に1cm程の赤褐色の6弁花をつけます。花序は円錐状で白い軟毛があり、花被片は6枚で楕円形〜倒披針形。6個の雄しべは花被片のほぼ半分の長さ。同一の株に両性花(完全花)と雄花の両方をつけますが、これはシュロソウ属の特徴の1つです。
はさく果で、長さ1cm〜1.5cm。楕円形で3本の縦に溝が走っています。
 
【名前の由来】
茎の基部に古くなった葉がシュロ状の繊維として残る事からこの名で呼ばれます。
 
【シュロソウの仲間】
・ホソバシュロソウ(細葉棕櫚草)
 本州(関東以西)〜四国,九州の山野の湿気のある草原に生えます。
 花は赤褐色で花柄は1cm以上あり葉の幅が1〜2cmと細いのが特徴。
 別名:ナガバシュロソウ(長葉棕櫚草)

・タカネシュロソウ(高嶺棕櫚草)
 シュロソウの高山型で、花は赤褐色。茎は高さ20-40cm程度
 別名:ムラサキタカネアオヤギソウ(紫高嶺青柳草)

・アオヤギソウ(青柳草)_Veratrum maackii var. parviflorum
 花は淡黄緑色で草丈が50cm〜1mと高くなるもの。

・タカネアオヤギソウ(高嶺青柳草)_Veratrum maackii var. parviflorum f. alpinum
 アオヤギソウの高山型で,草丈20〜40cmと低い。花の色は淡黄緑色。
 タカネシュロソウより葉は少し広め
 
 以上が同じ種の中の変種や品種とされており、花の色や草丈・葉の幅などによって区別されています。また、シュロソウのグループは環境による変化の幅が多く、種や変種の区別が難しいとされています。
バイケイソウやコバイケイソウもシュロソウ属の花です。
 
【有毒成分】
根や全草が毒草です。
・漢方薬草:藜葦(レイロ)=毒虫さされ、緩下。[下薬]
 
【中毒症状】
嘔吐、下痢、痙攣、昏睡、麻痺
 
【その他】
 
 
 
    高山植物 -赤/橙色の花-トップへ    
 

ホームへニュースページへコンタクトページへプロフィールページへ
日本写真家協会会員