タケシマラン(竹縞蘭)
    タケシマラン(竹縞蘭)    
    タケシマラン(竹縞蘭)    
  タケシマラン(竹縞蘭)  
 
 
タケシマラン(竹縞蘭 -Streptopus streptopoides var. japonicum-)
科 名:ユリ科
属 名:タケシマラン属
学 名:Streptopus streptopoides var. japonicum

【特徴】
 山地〜亜高山帯の林床に生え、高さ15-50cm程の多年草。
 は直立し、多くは中辺で2叉分岐します。
 は柄がなく互生し卵状披針形で長さ4-10cm。茎は抱かず両面無毛で平行脈が縦に走ります。
 は葉腋から出た細い花柄の先に1個ぶら下げ、周縁部が黄緑色、内側は淡紅褐色。花被片は卵状披針形で6個で開花したばかりは立っていますが、やがて平開し先端は反り返ります。葉の陰に花をつけるので上から見るとあまり目立ちません。花径は4mm位。開花は下部の花が早く、順次上部に向かって開花します。
 果実は液果で直径7mm程。球形で赤く熟します。液果が黒熟するものをクロミノタケシマランと言います。

オオバタケシマラン(大葉竹縞蘭)_高さが50cm以上あり、葉が大型で茎を抱き、花柄は途中の関節でねじれています。果実は楕円形で先が尖っています。
クロミノタケシマラン(黒実の竹縞蘭)_液果が黒熟する
ヒメタケシマラン(姫竹縞蘭)_枝が分岐しない
エゾタケシマラン(蝦夷竹縞蘭)_葉のふちに毛があるのが特徴

【名前の由来】
 竹に似た葉に縞模様の葉脈が目立つことから名づけられました。
 
 
    高山植物-緑色の花-トップへ    
 

ホームへニュースページへコンタクトページへプロフィールページへ
日本写真家協会会員